繊維ロープ(漁業用、土木建築用、農林用、その他様々な分野)の製造販売と獣害対策用の捕獲檻販売、遊具メンテナンスも稲葉製綱にお任せください!
稲葉製綱株式会社
JIS認定工場 認証番号QT0408004
 
ホームへ
稲葉製綱のロープ【BLOG】稲葉の営業マンは神出鬼没!お問合せはこちら
 /稲葉製綱のロープ/商品ラインナップ/ロープについての豆知識/お取引について/納品実績の紹介/会社案内  
 
 
納品実績のご紹介
イナバロープは、全国各地の多くのお客さまから、ご愛顧いただいております。
ここでは、その中の一部を紹介させて頂いております。
●ロープ
漁業用
レジャー・遊具用
船舶用
酪農業用
土木建築用
農林業用
ホームセンター用
●その他の商品
遊具メンテナンス
獣害対策用の捕獲檻
納品実績のご紹介・一覧
 
 
商品ラインナップ
 
【BLOG】稲葉の営業マンは神出鬼没!
 
納品実績のご紹介
 
お問合せはこちら
 
繊維ロープの専門メーカー稲葉製綱株式会社
[本社] 〒443-0104
愛知県蒲郡市形原町狭間11番地
TEL 0533-57-3181 FAX 0533-57-3185
E-MAIL info@i-rope.jp
→お問い合わせフォーム
 
 サイトマップ 何でもお気軽相談窓口
遊具メンテナンス
    幼稚園や保育園または地域の公園で子供たちが遊具が壊れてけがをする事故が増えています。
新品の時は安全性を考慮して作るので問題はありませんが 数年もすると木の部分が腐ったりネットが擦れて摩耗したり切れたりと危険な個所がどしても発生します。

これを放置すると重大な事故につながります。
弊社ではロープ加工技術を駆使してネットの保守点検や張替などをロープの専門家の目で行います。
[納品先について]
東海地方の幼稚園・保育園や公園など各地
 

今回は新潟県の小学校で使われているターザンロープ(ロープウェイ型)のロープの部分の

作製依頼を受けました(取付は御自分達で行うそうです)。この遊具は、ロープの先端に滑

車が付いており、高低差を利用して滑り降りていくタイプの遊具です。

特殊ターザンロープ 001.jpg

右端の部分が下になり、左端の金具の付いた所が滑車と接続する箇所です。

写真からもよくわかるように、随分と使い込まれております。

実はこの手の遊具は、簡単に接続部分が取れないように(イタズラ防止のため)なっており、

メーカーさん以外が修繕するのが難しいのです。

お客様には、『全く同じ物はできないが、類似したものなら出来ます』ということで御了解を

頂き、可能な限り元の製品に近づけるようにいたしました。

特殊ターザンロープ 002.jpg

上の写真が完成したものです。左端の金具の加工はほぼ元の加工通りです(どのような

加工かは企業秘密です!)。

ちなみに今回利用したクレモナSロープはこちらです。

これでまた子供たちが元気に遊ぶことができます。


お客さまからの御要望で  「遊具ネットを張り替えたい」と言うのは

 

よく 御依頼頂きますが 今回は 張り終えた後も「ネットが緩まない状態を維持して欲しい」との

 

御要望がありました。

 

 

2011-11-01 14.21.12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計図に基づいて ロープをカットして加工します。

 

 

2011-11-04 16.28.08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープを編み込みながらネットを作成します。

 

今回使用するロープは「 クレモナ T 」と言う特殊繊維を使用したネットです

 

この繊維の最大の特徴は  「水を掛けると縮む」 と言う点です。

 

このロープを使用したネットに水を掛けると  すごい力で収縮し その状態をキープします。

 

 

これで一度張ったネットは緩む事はありません!!

 

DSCF0215.JPG 


今回も、大きな公園のネットの交換依頼をいけました。

下の写真は、取り替え前です。

santeparuku1.JPG

ネットもかなり使い込まれていますが、ネットの上の部分の取り付けロープが切れている状

態でした。

これでは子供たちが、指や足を挟んでしまう可能性が高く、大変危険です。

そこで、ネットも取り付けロープも全て新しく取り替えました。

santeparuku2.jpg

これでまた安心して子供たちが遊ぶことができます!!

今回使用したロープは、こちらです。

今回のように古くなって危険なネットは、まだまだ身の回りに多いです。

新しいネットの作成~古いネットの廃棄まで稲葉製綱では行なっています。

「この遊具大丈夫かな?」と少しでも感じられたら、御気軽に御問い合わせください。


お客様よりご連絡を頂き、遊具の修繕を行なわせていただきました。

内容は、渡り橋に使われているロープのうち一本が切れかかっているという事で、

現地で新しいロープに交換するという修繕でした。

 

santeparuku 001.jpg

 

上の写真が修繕前のロープが切れかかっている状態のものです。このままでは、

いつ切れて、重大事故が起こってもおかしくない状態でした。

 

CIMG6511.JPG

 

ご覧のように、ロープがほとんど切れた状態でロープの糸(上の場合は「ヤーン」と言います)が数本残されていただけでした。

 

santeparuku 006.jpg

 

現地で新しいロープに付け替えました。切れたところだけの取り替えですので、

一日で充分作業を終えることが出来ました。

 

santeparuku 007.jpg

 

これで作業完了です。このように、部分的な交換もできるものがあります。

遊具の修繕等でお悩みの方、まずは一度ご相談ください。

ご相談内容に応じて、修繕方法をいろいろとご提案させていただきます。

 


お客様からクロスロープの止め加工が出来ませんか?と御依頼がありましたので、お客様

がわかりやすいように、急遽サンプルを作りました。

 

kurosutanmatu1.jpg

上の写真のような加工が出来ました。

使用させて頂いた(三つ打ロープ)はここです

jakuetsu 002.jpg 

さらに手を加えてこのような加工も出来ます。

稲葉製綱では、両端・片端など止め加工・アイ加工などもさせて頂きます。

御相談して頂きますよう宜しくお願いたします。


前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
  ↑上に戻る